このページの位置情報

サービスメールフィルタ

mf.jpg

メールフィルタは、社内ネットワークとインターネットの間を行き交う電子メールをすべて保存し、同時にルール及びキーワード検索によって不正な電子メールを遮断、削除、検閲などのアクションを実行します。

導入はネームサーバの書き換えのみで実行可能なため、非常に迅速に導入可能です。
また、既存システムを変更することなくシステム管理者への影響を与えずに実行できます。

サービス概要

内部ネットワークから外部に送信される電子メールおよび、外部ネットワークから内部に送信される電子メールを決められたルールに基づいて検査し、不適切なメールに対し自動的に処理を行うとともに中継された全ての電子メールを保存することができます

電子メールによるコミュニケーションが日常化している現在のビジネスシーンにおいて、各ビジネスプロセスにおける電子メールの記録は、企業内情報マネージメントを行う上での重要なポジションを担っています。

また、電子メールは民事訴訟法において準文書として扱われ、法的にも証拠能力を有するようになりました。そのため、リスクマネージメントの観点からも電子メールの保存は重要になっています。

重要な企業間取引がメールを通じて行われている昨今、高精度の迷惑メールフィルタやメールアーカイブなどのコンプライアンス強化は、事業継続性の維持に欠かせないリスク管理といえます。
インターネットサービスのメールフィルターサービスは、現在のメールシステムを変更することなく導入が可能です。

mf_flow.gif

メール監査

あらかじめ設定されたルールに抵触するメールは、削除、保留、通報などの配送制御が可能となります。
特定のキーワードが含まれていたり、定められた CC: が指定されていなかったり、ポリシーに違反するメールの制御が可能です。
キーワード検索は、メール本文、添付ファイルに対して、リアルタイムで行なわれます。

メール保存

送受信されるメールは全てメールアーカイブとして保存することが可能です。
全てのメールを保存することにより、トラブル発生時に迅速な対応が実現できます。
法的証拠能力を持つ電子メールの保存は、将来起こり得る問題への重要なリスクヘッジとなります。

メール検索

保存されたメールは全文検索可能なため、保存メールの検索もスムーズに行えます。
添付ファイルも対象となるため、正確な特定作業が可能です。

統計情報

ドメイン名毎、メールアドレス毎などの送受信数、ルール違反数など、各種統計がグラフィカルに表示されます。
メール流通量を視覚的に把握できるため、メールシステムの管理などに役立ちます。

情報漏洩対策

添付ファイルの監査によって、メール経由での個人データ、顧客データの流出を未然に防止します。
会計データ、住所録などのファイルを検知して、管理者に通知するなどが可能です。

ゲートウェイ型

現在のメールシステムはそのままに、メールフィルタサービスのみをご利用いただくことが可能です。

all-in-one-mini.jpg

機能詳細
価格表

ウイルス駆除、スパムメール対策は、迷惑メールフィルタの導入をご検討下さい。